宿泊施設の畑での作業体験

蔵王町内での野外活動をする際、体験先として農業が本職ではない、ペンションなどの宿泊施設の方に体験受入を依頼する場合もあります。

※宿泊とは別手配の内容です。

ちょっとだけ、その場合の体験内容をご紹介。

畑作業1(レインボー)

基本的には自分たちで食べる分、または宿泊される方に提供する食事の材料として作っている場合が多いので、農業を専門としているわけではありませんが、それでも栽培方法に詳しい方もいます。

これは、そのまま畑に植わっていたじゃがいもを掘り起こしている作業。

畑作業2(レインボー)

鍬で畑を手入れ。

畑作業3(レインボー)

雑草などを取り除きます。 

畑作業4(レインボー)

鍬を使った事がない生徒さんも多く、多少扱い方に苦戦。

 

だけど、自分で使い方を考えてたり、聞いたりしてたちまち使いこなせるようになります。

畑作業5(レインボー)

ある程度、畑が整ってきたら、 

畑作業6(レインボー)

種を播くなどします。

畑作業7(レインボー)

指で土に穴を開けて、そこに種を播きますが、その深さが大事。

 

どのくらいの深さにするのか、説明をちゃんと聞いていることも、実るかどうかのポイントです。

基本情報

専門農家以外での体験(宿泊施設)

可能な時期/通年(作物や体験内容は、各施設で異なり、おまかせとなります)
所要時間/約2時間
場所/蔵王町内の一般家庭
人数/10名前後(受入先による)
料金/1,000円
備考/備考/団体などの事前要望があっての手配体験となります。まずは、下記までご連絡ください。
お問合せ/蔵王町体験交流活動推進協議会 事務局(蔵王町農林観光課内) TEL 0224‐33‐2215

« 前のページへ戻る

ページの先頭に戻る↑