野外活動の入町式

学校団体などが蔵王町で野外活動をする場合、まず、入町式を行うケースが多くあります。

その具体的なイメージをご紹介します。

入町式1

まずは、全員が集合できるようなホールや広場に集合。

大きなホールとしては、ございんホール遠刈田公民館などがあります。

(200名強でも十分入れます)

入町式2

ホール内で整列体系になり、

入町式3

その学年の方の代表挨拶があったり、

入町式4

逆に受入側の代表挨拶などが行われます。おおよそ20分強で終了した後は、

入町式5

お弁当などを食べて、

入町式6

最後にその日の体験受入先の方(会場に来られる方のみ)をご紹介して

入町式7

各体験場所へと向かいます。

« 前のページへ戻る

ページの先頭に戻る↑