今晩 平沢 灯まつりが行われます

平沢 灯まつり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮城県内随一の大きさを誇り、地域の象徴ともなっている平沢地区の弥陀の杉

 
平成20年5月31日、一部の枝が折れてしまいましたが、その後、JR東日本財団や地元の方など、多くの方の力で無事回復。
詳細は、こちらをご参照ください

 

その事業の完了記念イベントとして、今晩、その弥陀の杉のライトアップ!

 

そのほか、会場近くに行灯で灯すなどするほか、その幹の下で芸能祭などが行われます。

 

また、20年度に倒れた際に折れた枝を乾燥させ、それを使って遠刈田のこけし工人がだるまを作りました。

 

それも販売されます。

※現状、当日18:30からの現地販売(先着30名限定。1人1本限り)のみを予定しています。

 

神秘的に照らされた巨大な木を眺めれば、奥州藤原氏の時代から伝わるこの地の歴史を感じることができるかもしれません。

 

基本情報

平沢 灯まつり

日時/平成23年9月11日(日) 17:45~20:30
           ※小雨決行。中止の場合の最終判断は16時に会場にて行います。
場所/蔵王町大字平沢字丈六 「だるま堂」境内(弥陀の杉すぐ横)
問合せ/蔵王町教育委員会 TEL 0224-33-3008
※駐車場は、平沢小学校の校庭が臨時駐車場となっています。