蔵王山麓 平沢・小村崎 歴史の郷めぐりマップ

蔵王山麓 平沢・小村崎 歴史の郷めぐりマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台方面から村田インター付近を経て来ると、たいてい蔵王町の入口となるのが、平沢・小村崎という地区。

 

田んぼと蔵王連峰のコントラストが非常に映える景観の良い所でもありますが、実はここ、歴史に関する名所・旧跡も多々あります。

 

以前、シリーズでお伝えしましたが、奥州藤原氏と縁がある丈六阿弥陀如来坐像や、弥陀の杉があるのも、この地区。

 

他にも道中まつり(残念ながら今年度は中止)が行われる旧羽前街道も通っています。

 

また、蔵王連峰の伏流水があふれ出すため、名水・水神社(すいじんじゃ)の水鎌倉温泉など、水の郷でもあります。

 

そんな平沢・小村崎地区の名所・旧跡などを示した「蔵王山麓 平沢・小村崎 歴史の郷めぐりマップ」が町内各所で配布されています。

 

もちろん、観光案内所にもありますので、これを片手にこの地区を周ってみてはいかがでしょうか。

 

通り過ぎるだけではもったいない魅力が、ありますよ。