今年も御神体が下りてきました

御神体が下りてきた(2011)

 

 

 

 

 

 

 

9月の最終日曜日だった昨日(9/25)、蔵王刈田岳山頂にある刈田嶺神社の「御神体」が里宮である遠刈田温泉の刈田嶺神社に下りてきました。

 

これは毎年恒例の行事であり、蔵王エコーラインが冬季閉鎖に入る前に御神体を里宮へ移動し、翌年の4月末に行う蔵王エコーライン開通式に山頂へ戻します。

 

そして白装束姿の宮司さんが御神体を背負い、厳粛な出で立ちで遠刈田温泉街を練り歩きます。

 

紅白もちの振る舞いも行われました。

 

蔵王山頂付近の紅葉もごく一部が色づき始め、エコーラインも11月上旬に冬季通行止めとなります。

 

秋の始まりのような気がしていましたが、少しずつ蔵王連峰はもう冬へと向かっているのですねえ・・・。