ノルディックウォーキング コース下見

ノルディックウォーキング コース下見

 

 

 

 

 

 

 

アサヒビール㈱仙台支社と宮城県観光連盟のご協力をいただき、実施している「観光エコ推進活動」事業

 

その一環として、ノルディックポールを購入し、「町内をスローだけども健康的に歩いていただこう、そして自然保護の意識を持ってもらおう」と、9月10日、遠刈田地区を歩いた後、清掃活動をする「蔵王山麓清掃ノルディックウォーキング」を行いました。

 

しかし、そのコースだけが蔵王の魅力のすべてではありません!

 

まだまだ歩くに適したコースがあります。

 

ということで、第2弾以降のコースを選定すべく、試走(試歩?)を行いました。

 

まずは、黄金川温泉を起点に、曲竹地区を歩いてみました。

 

少しずつ登りますが、稲穂が実る水田や青麻山が見えたり、途中で水汲みができる寶龍大権現湧水があったりと、今はまだ青いですが、そのうち干し柿を作る農家があったりと約6.5kmの距離の中に、なかなかメリハリがあり、面白いコースだというのが個人的感想。

 

午後には、平沢地区でも仮のコースを歩いてみました。

 

弥陀の杉や保昌寺の丈六阿弥陀如来坐像などを周るコースもだいたい約6.5kmですが、これもまた史跡などが多くあるコースで、手前味噌ですが、なかなか面白いと思います。

 

 このコース、11月に実際に歩くイベントを開催します!詳細はこちらをご覧ください

また、仙台市内のスポーツ店にもチラシを配布する予定です。

 

最終的には歩くにオススメなコースを示したマップも製作する予定ですので、それを手に蔵王町内を歩いてみませんか?

 

※ノルディックポールは、事前に予約いただければ、貸出もできます。詳細は、こちら