ノルディックウォーキング 水と果樹の里山コース

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-3(下別当)

先般もご紹介しましたが、当協会では今年度、宮城県観光連盟、ならびにアサヒビール㈱仙台支社のご協力をいただき、自然環境保護と観光推進を結びつけた活動を行っています

  

その1つのノルディックウォーキング。

 

町内をノルディックポールを使って歩いてみましょう!というイベントを12日、宮地区をコースに行いました。

 

その模様を簡単にご紹介しましょう。 

 

町内や仙台などから27名の参加者が集まり、午前10時から開始。

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-1

 

 

 
 

 

 

 

出発地点は、黄金川温泉。そちらの駐車場をお借りして準備体操などを行いました。 

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-2(出発)

 

 

 

 

 

 

そして歩き出します。 

 

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-3(下別当)

 

 

 

 

 

 

 

最初は霧がかっていたのですが、揺るやかな長い坂を登る頃には、だいぶ晴れて青麻山もはっきりと見ることができました。

 

 気温もみるみるうちに上昇し、11月としては暑く、結構汗ばむくらい。 

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-4

 

 

 

 

 
 

 

登りきった辺りからさらに行くと、梅の木がたくさんある所を通ります。

 

実は梅も蔵王町が宮城県一の産地なのです。 

 

梅の花が咲く頃、(ノルディックウォーキングに限らず)通ってみると美しいですよ。

 

他にも、

水と果樹の里ノルディックウォーキング111112-5(りんご)

りんごや、 

水と果樹の里山ノルディックウォーキング111112-6(柿)

柿も実っていました。

 
その先、ちょっと下っていくと、

水と果樹の里山ノルディックウォーキング111112-7(寶龍大権現湧水)

蔵王町内の名水の1つ、寶龍大権現の湧水があります。
料理などに使うのか、ポリタンクに汲んで行かれる方もいる名水です。

 

参加者もペットボトルに汲んでいました。

 

 さらに行くと、

水と果樹の里山ノルディックウォーキング111112-8(丸治農園付近)

柿がまた実っています。

 

現在、干し柿作りを行っている農家さんで、その作り方を見せていただくことができました。

※その模様は、また後日。

 

 そして、1時間半くらいで約6キロのコースを歩き終わりました。

水と果樹の里山ノルディックウォーキング111112-9(食事)

適度に歩いた後には、腹が減る!ということで、近くの集会所にて豚汁とおにぎりを召し上がっていただきました。

 

その後は解散、と午後1時くらいで終りますが、適度に楽しめるコースなのではないかと思います。

 

来週(11/19)は、平沢地区で「水と歴史の里コース」と題して行いますので、みなさんも一緒に歩いてみませんか?

詳細に関しては、

・コース概要(チラシ)

参加申込書

をご参照ください。
※諸注意もありますので、必ずお読みください。

11/15(火)締切りです。