大根と絵皿 届けに行きました

蒲町中 大根・皿届け

 

 

 

 

 

 

 

このコーナーで今までご紹介しておりませんでしたが、9月13~14日に仙台市立蒲町中学校2学年のみなさんが、蔵王町に1泊2日の野外活動でいらっしゃいました。

 

元々、今年度の野外活動は宮城県内の南三陸町で行われる予定でしたが、例の大震災により、受入不可能になってしまったため、代替地を探したそうです。

 

そんな中で当町に引き合いがあり、お引き受けすることになったわけです。

 

当日は町内にあるペンションにクラス男女別(12軒)に分宿し、日中は以下の中から、各自希望する体験活動をしてもらいました。

 

大根の種まき
にんじん狩り
こけし絵付け
乳搾りチーズ作り
ソーセージ作り
ハーブの栽培
梨の収穫
小皿の絵付け
森林浴

また、ペンションでオーナーの趣味を生かした事や、人生経験などを話すなどのちょっとした体験も行いました。
夜の食事後は、色々友達と普段なかなかできない話などをしたんでしょうかね~(^_^? 

 

そして、最後はえぼしスキー場にて、いも煮を作って終了。

 

最後は、ちょっと霧がかりましたが、まずまずの天候に恵まれ、無事に終える事ができました。

 

前置きが長くなりましたが、本題へ。

 

その時に蒔いた大根の種が大きくなり、収穫できるようになったので、絵付けした後に焼き上げた小皿とともに学校まで届けに行きました。

 

自分たちの蒔いた種からこんな大きくなった大根や、出来上がった小皿を見て、感慨深げな面持ちな生徒さんたち。

 

そんな顔を見ていると、確かに大変でしたが、こちらも受入れて良かったな~と思えたのでありました。

 

今後も、このような学校行事を当町は受入れていきます。

 

蔵王で色々な本物の物事を学んでもらえれば、幸いです。

 

空き状況やできる体験等に関しては、

教育旅行の受入状況のご案内(宮城県観光連盟ホームページ内)

グリーン・ツーリズム(当協会ホームページ内)

をご参照ください。

※掲載画像等に関して許可をいただいております。