笑顔咲くたび 伊達な旅

13年DC マーク

 

 

 

 

 

以前、お伝えしましたが、宮城県では、平成25年4~6月に、仙台・宮城デスティネーションキャンペーンが行われます

 

そもそも、デスティネーションキャンペーンとは、JRグループと自治体が協力し、全国の旅行会社などの協力を得ながら、一定期間重点的かつ集中的に全国で宣伝販売を展開する、国内最大規模の観光キャンペーンのこと(通称・DC)。

 

そのキャッチコピーが決まりました。

 

「笑顔咲くたび 伊達な旅」

 
このキャッチコピーに込めた思いは・・・・(以下、キャンペーン推進協議会公式サイトより引用
 

笑顔」=震災からの復興とともに,全国・世界からいただいたご支援に感謝を伝える機会ととらえ,支援に対する感謝を笑顔いっぱいのおもてなしでお出迎えしたいという思いと,訪れていただく皆さんが一層元気になって,そして笑顔いっぱいになって欲しいという思いを「笑顔」という言葉で表現しました。旅行客とそれを迎える地元の方の一体感を象徴的に表現しています。

咲く」=花咲く春のイメージとともに,仙台・宮城の人々が復興に向け着実に成果を上げ,前向きに進んでいくことを表現。また,訪れた人々が仙台・宮城で人に出会って笑顔になる様子を表現しています。

たび」=「旅行」の意とともに,「何度も」,「幾度も」など「たくさんある」というイメージを表現しています。

笑顔咲くたび伊達な旅」=前回のデスティネーションキャンペーン以後、定着を目指してきた「伊達な旅」を用いることで、これまで培ってきたものを大切にしつつ、これから前向きに進んでいくという思いを表現しました。

 

というわけで、春~初夏の笑顔あふれる宮城を訪れていただきたい・お出迎えしたいという思いと、復興への想いや支援への感謝なども含めて表現したものなのです。

来年は、その前年ということで、プレDCと称して、イベントなど少しずつ盛り上がりを見せていきます。

 

みなさんも笑顔あふれる宮城に来てみませんか?

基本情報

平成25年度仙台・宮城デスティネーションキャンペーン
開催日時:平成25年4月1日(月)~6月30日(日)
開催場所:宮城県内全域
参考ホームページ:仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会公式サイト