激動の2011年の蔵王町を振り返る Part1

2011年の蔵王町を振り返る Part1 

 

 

 

 

 

 

 

激動の2011年がまもなく終ろうとしております。
そんな中で、蔵王町でどんなことがことがあり、そしてどんなことをしてきたのかを再度振り返るべく、今回からシリーズで、この2011年を振り返ってみたいと思います。

 

かなり筆者の独白に近い形になりますが・・・

真田大河13,200人達成

まず、年明けすぐに、長野県上田市の大河ドラマ誘致活動に、仙台真田氏の関連から協力してきた、署名活動が町の人口(13,200人)よりも多くなりました。

詳細は、こちら⇒真田氏署名活動 13,200人達成!(1/10掲載)

20110124南三陸町視察

1月下旬には、観光客受入態勢作りの研修で、道の駅上品の郷(石巻市)と南三陸町を訪問。

他にも、2月には、接客の基本をもう一度見直す研修会「蔵王の魅力とファン作り」をテーマにした研修会も開催しました。

詳細は、こちら⇒上品の郷・南三陸町を視察しました(1/28)

樹氷の家を見た

今年は、いつになく山に雪が多く、スキーや樹氷めぐり にはかなりの人が来ていました。

その樹氷めぐりにも参加。しかし、見ることはできず・・・

詳細はこちら⇒樹氷めぐりに行ってきました その3(2/14)

にっぽん演歌の夢まつり 足湯

そういえば、3月には利府のグランディ21(セキスイハイムスーパーアリーナ)前で、出張足湯を行いましたねえ~。

 

あの日は、午後から雪が降ってから寒かったので、ちょうど温かくて気持ちよかった。

伊達武将隊・馬之介様も思わずうっとり(笑)

詳細はこちら⇒コンサート会場に足湯を出しました(3/11)。

しかし、その中で、今となれば、あの忌まわしき記憶の予兆とも思える地震が起こった・・・。

 

そうしてあの運命の一日を迎えたのでありました。

(続)