オーロラ in 蔵王自然の家 行われました

オーロラ in 蔵王自然の家

 

 

 

 

 

 

 
以前、告知しておりましたが、1月14日(土)に蔵王自然の家にて、「オーロラ in 蔵王自然の家」が行われました。

 

そもそも、このイベント、町内の有志の方による発案。町内の子どもたちに色々なものを見せてあげたい、という気持ちから。

 

講師は、札幌在住の天体写真家・中垣哲也さん。

 

昨年も、別イベントで蔵王にお越しいただきましたが、今年もお越しいただきました。

 

第一部として、中垣さんが撮ってきた画像を見ながら、オーロラが何故出来るのかなどの説明がなされました。

 

オーロラは太陽から出るプラズマが地球の磁場圏で物質と衝突したときに光る現象。

 

そのぶつかる物質によって、色が異なるそうです。

 

だいたい、地表から約100kmの地点に出ます。

 

カナダやアラスカなどの北極圏がオーロラが出るスポットとして有名ですが、磁場は地球の逆にもある、ということで、南極でも見られるそうです。

 

実際のオーロラは、一晩の中でもほんの一瞬が、とても良く見えてあとは、白っぽく見えるだけ・・・という感想もよく聞かれるそうです。

 

そんな一瞬を見られるかは、日頃の行い次第?(車内でケンカばっかりしてちゃあ、見られませんよねえ・・・)
第二部は、焚き火を囲みながら浮かびだされるオーロラの映像を鑑賞。

 

中垣さんが、そんな一瞬を捉えるべく、カメラで連続で撮り続けて一見動いているような(パラパラマンガのような原理です)オーロラを見て、参加者は驚きの声をあげていました。