「伝統こけしとさわやかな風」七日原高原とこけしの里コース

新地 こけしの里

農業・酪農が盛んで、蔵王連峰の眺めも美しい七日原地区と、こけし発祥の地とされる新地こけしの里を歩くコースです。

こけし館 外観

オススメのスタート地点としては、みやぎ蔵王こけし館。
系統別に並べられたこけしを観賞するのも楽しいです。絵付け体験も可。

こけし館脇の道

さて、その脇の道を行きます。
建物裏手にある階段を登りますと、

こけし館上の道

このような道を通り、

こけしの里に出る

こけしの里へと出てきます。
そこからもう1本奥の道を目指すと、国道457号線。

すずしろ 看板

457号線に出るとすぐにこの看板があるので、左方面へと進みます。

アルカディア蔵王への坂道

ちょっとだけ登りますが、新緑なども美しい坂道です。
ずっとまっすぐ行くと、蔵王すずしろ があります。

豆腐などの製品の購入もできます。

すずしろ前の分岐路

蔵王すずしろの前にある分岐路。
晴れていれば、蔵王連峰がきれいに見えます。
ここを左に行ってみましょう。

七日原集会所前

すると、七日原集会所前まで来ます。再度457号線に出ます。
ここを左に少し行くと、

齋藤農園

このように農家の直売所などがあります。

大根狩り

毎年11月にはこの界隈で「蔵王高原大根狩り」が行われ、大根の詰め放題ができます。
この大根を食べれば、そこらの大根じゃ満足できなくなりますよ~。

チーズ工場 看板

さて、右に行った場合は、まもなくこのチーズ工場の看板が出てきます。

チーズ工場 内部

売店(チーズキャビン)では蔵王クリームチーズの試食ができたり、

チーズドリンク

チーズドリンクなどの乳製品が販売されています。
他にもちょっとした蔵王土産が売られています。

チーズシェッド

すぐ近くに乳製品を使った食事を提供する施設もあるので、ここで食事するのもいいかもしれません。

バラ園

また、チーズ工場の中には、園芸職人さんが丁寧に育てたバラが咲くバラ園があります。
様々な種類があり、6~8月頃美しく咲きます。

七日原中央幹線

チーズ工場を出ると、長く続く坂道があります。
この坂自体も、春夏秋冬でそれぞれ趣が違う、風情のある坂です。
ここをちょっと登れば、

わくわくファーム

野菜の販売やスープカレーなどを提供している店喫茶店があります。

登らない場合は、

チーズ工場前の看板

すぐにこの看板がありますので、左方面へ。

ブルーベリーファーム

すぐ近くには、蔵王ブルーベリーファームが。

ブルーベリー摘み取り

毎年7~8月には摘み取りもできます
また、ブルーベリーを使ったスイーツも提供しています。

えぼしスキー場方面 看板

すぐにまたこの看板が出ます。

富夢想野

このまま、まっすぐ行けば先ほどの蔵王すずしろ の看板の地点に戻ります。

なお、ここにあるピッツァレストラン&ペンション富夢想野さんのピッツァは、石窯で焼いた本格派でおいしいです。

さて、ここで左に曲がってまっすぐ行くと、

こけしの里に曲がる道

この自販機がある地点で右に曲がりましょう。

新地 こけしの里

そのまままっすぐ行くと、こけし発祥の地とされる新地こけしの里へ。
こけし工人たちの作業場があり、こけしを直接購入することも可能です。

このまままっすぐ行くと、元来た道に合流します。

七日原高原とこけしの里コース 拡大マップ

コースの大まかなマップ。
ダイジェスト的に色々楽しめる箇所があるコースです。

距離/約5km
時間/約2時間
駐車場/みやぎ蔵王こけし館・チーズ工場
トイレ/みやぎ蔵王こけし館・チーズ工場

※散策の際に駐車場・トイレをご利用される際には、施設の方にお声がけください。
また、諸事情により、ご利用いただけない場合があります。