日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2012 記者発表

ヒルクライム記者発表120330

 

 

 

 

 

 

5月20日(日)に蔵王エコーライン ハイラインを舞台に行われる自転車ロードレース「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2012」。

その大会の記者発表が、昨日行われました。

質疑応答では、「この大会の特徴は?」などの質問がなされました。

ちなみに、特徴としては、

・5月に行われる大会なので、雪の壁が残るコースを走行すること
 (全国でも他にこのようなコースはないそうです)

・通常時は、自転車走行できない蔵王ハイラインを走行する事。
 その先に御釜があるので、自転車で御釜まで行く事はできないのですが、このレースに参加した場合のみ、それができるのです。

・最大10%の斜度を誇る坂が続くなど、全国的に見てもタフなコースであること

などが挙げられていました。

ヒルクライム大会 トロフィー

各部門で入賞された方には、こけし発祥の地とされる遠刈田こけし の伝統技術を応用した、このようなトロフィーが贈呈されます。

蔵王の山をいち早く駆け登り、手に入れるのは誰でしょうか?

なお、現在の応募状況ですが、全体で1,500名の定員のところ、1,324名ご応募いただいているそうです。

 

4月20日が申込締め切りですが、それよりも早く定員に達しそうですので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。

基本情報日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2012
日時/平成24年5月20日(日) ※前日午後に参加者受付があります。
場所/蔵王エコーライン・ハイライン
当日は蔵王エコーライン・ハイラインが通行止めになる時間があります
問合せ/日本の蔵王ヒルクライム実行委員会事務局
      (蔵王町役場農林観光課内) 0224-33-2215
宿泊施設の料金一覧/こちらをご参照ください