平野部の桜の状況

宮刈田嶺神社の桜並木120421

 

 

 

 

 

 

 
少しは暖かくなってきたものの、今年は春の訪れがいつになく遅い。。。

 

春の風物詩と言えば、桜が筆頭に挙げられるでしょうが、蔵王町内の一部でも咲き始めています。

 

上記画像は、宮の刈田嶺神社参道。

 

去年は、この時期ではかなり咲いていたのに、今年はまだそこまで至らず。。。

 

今年の冬がいかに寒かったのかがよくわかります(去年の冬もだいぶ寒かったのですが)。

 

ただ、場所によっても多少の差があって、

宮小学校前の桜120421

 

 

 

 

 

 

 

 
刈田嶺神社からほど近い宮小学校前の桜は、もっといい感じで咲いていました。

 新町の桜120422

こちらは、丈六阿弥陀如来坐像(保昌寺)や弥陀の杉がある平沢地区にある平沢小学校裏手の桜

 

種類がしだれ桜で咲き方も違うので、何とも言いがたいですが、やはり昨年に比べて遅れている感じです

 鬼子坂の桜120422

続きまして、蔵王町指定保存樹木のひとつ鬼子坂の桜

エドヒガンという種類の桜ですが、こちらは、本当に花がほとんど咲いていいない・・・まさに一分咲き程度。

 根返しの桜120422

蔵王町指定天然記念物の根返しの桜

 

こちらもエドヒガンですが、やはりちょっと色づいている程度。

 

うーん、完全なる春はまだ遠いのか・・・

 

ですが、

梅120422

梅は、かなり満開の情況です。ひょっとしたら梅と桜が同時に見られる、なかなかない事態になるかも?

 

蔵王町内は標高差がかなりあります。

 

宮地区は海抜20mくらいなのに対し、遠刈田温泉は約330m。

 

なので、同じ町内ですが、咲く時期にも差が生じます。

 

この状況ですと、今度の連休中でも遠刈田温泉で十分に見られると思います(2年前の連休入り辺りでこんな感じでした)。

  

なお、宮城県内随一の桜の名所とされる、お隣・大河原町と柴田町にまたがる一目千本桜ですが、

大河原・一目千本桜120420

 

 

 

 

 

 

 

4月20日現在でご覧のような状況(5分咲き程度)。

※所用で行ったので、撮ってみました。

 

4月の連休くらいまでは十分見られると思います。

一目千本桜の開花状況はこちらをご参照ください