蔵王の史跡 その3:表登山口の「感謝の碑」

表登山口の「感謝の碑」

 

 

 

 

 

 

 

先日、蔵王エコーラインが今年も冬季通行止めが解除され蔵王ハイラインを通っての御釜見学や山形県側への通り抜けもできるようになりました。

 

このエコーライン、今年11月で開通50周年を迎えますが、昭和60年までは有料道路でした(今は無料。ハイラインは有料)。

 

そんなエコーライン沿線には、表登山口(旧料金所跡)と呼ばれる箇所があります。道路標識では、峩々温泉への道が分かれる場所。

 ※今週末(5/20)に行われる自転車ロードレース「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2012」のビギナークラスのゴールでもあります。

ここには、「感謝の碑」と呼ばれる、石碑があります。

 

これは、エコーラインが開通しましたが、その建設には自衛隊が関係してました。

 

当時はこのような高い山での道路工事がなく、自衛隊が山岳地帯の活動訓練を兼ねて建設を手伝ってくれました。

 

そのことに感謝しての碑です。

そして50年経った今、気軽に蔵王の山々に登れるようになったことに、改めて感謝したいものですね。