全国宣伝販売促進会議が行われました

宮城県内では先月の28日、来年の4~6月に開催される観光キャンペーン「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」に先立ち、

実際に宮城県へ来る旅行商品などを作っている方などを対象にに、震災からの復興状況の視察や旅行商品化を検討してもらう場として全国宣伝販売促進会議(通称・エキスカーション)が仙台で行われました。

 

わが蔵王町からも、その内容を少しお時間をいただいてPRさせていただきました。

 

さて、その翌日から希望者には、県内(一部県外あり)を各方面に分かれて視察してもらうコースが組まれていました。

 

その中に、わが蔵王町もありまして、今回はその部分に関してご紹介します。

エキスカーション1

まずは夕方、遠刈田温泉街に到着。横断幕を持ってお出迎え。

エキスカーション2

そして会議でも説明の大役を果たした・商店街の名物ガイドの一人、えんそうのマスターがご挨拶。

エキスカーション3

そして、商店街の味覚(これは大八精肉店のメンチカツ)を少し味わってしていただきました。

 

この後は、遠刈田温泉にて1泊!

宮城の味覚や温泉をご堪能いただきました。

さて、翌朝、

エキスカーション4

すいせんはもう枯れてしまいましたが、えぼしスキー場のゲレンデへ。

 

春先は本当にいいんですよ。来春もまた、黄色い花を多くの方に見ていただきたい・・・

 

お力添えをお願いします。

エキスカーション5

さて、今度はゴンドラに乗ります。

エキスカーション6

あいにく、このような状況・・・午後からは、ばっちり晴れていたんですが・・・

 

それもこれも、”持ってる男”として一部では評判の筆者のせいか・・・?

エキスカーション7

でも、今が盛りのシロヤシオツツジも見ることができました。

エキスカーション8

ゴンドラを降りた辺りではこのように、思い思いに見学されていました。

この後、えぼしスキー場を後に次に行きますは、

エキスカーション9

蔵王ハートランド。こちらにて、

エキスカーション10

これからとある体験を。

この中に入っている液体は生クリーム。つまりは、牛乳の脂肪分を取り出したもの。これを、

エキスカーション11

ひたすらに振る。

エキスカーション12

振る。手がつりそうになる(実際には液体を振って出てくる音がしなくなるくらい)くらい振る(笑)。

 

そうすること、7~10分、

エキスカーション13

このようになります。

エキスカーション14

溜まった液体と固体を分ける。液体自体もほのかに甘味があっておいしいです。

エキスカーション15

で、固体の方を広げて押してやると、

エキスカーション16

さらに水分が出るので、それも漉してやります。

 

これが何かというと、バターです。

振ってやることによって、脂分を延伸分離させているという流れ。

エキスカーション17

これに多少塩を混ぜてやれば完成。

エキスカーション18

試食してみれば、確かに味がいつものとは違う。

 

このまま、2~3日保存可能。

 

と、簡単にできる体験をしていただきました。

 

その後は、

エキスカーション19

名産の1つ、クリームチーズを試食。

 

これが確かにおいしいのですよ。(よそに自慢できる味だと筆者は思っている)

 

みなさん、お土産にこぞって買っていらっしゃいました。

 

さて、蔵王町での視察は、このくらい。

 

本当はまだまだ案内したいところなのだが、時間がないのが残念(汗)。

エキスカーション20

このように横断幕を掲げながら、

 

エキスカーション21

 

 

 

 

 

 
バスを見送る。

 

と、非常に簡単にその模様をお伝えしましたが、まだまだ伝えきれていない部分もあるかと思います。

 

旅行会社関連の方、そして実際にお越しくださることをご検討される方、お気軽にお問合せくださいね。

 

そして実際に来ていただけましたら、本当に幸せです。