中村部屋の夏合宿が行われます

中村部屋 夏稽古

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突ですが、先日、大相撲の名古屋場所が終わりました。

 

日本人の活躍も期待したいですが、全勝同士で千秋楽の対決という、見ごたえのある場所でした。

 

さて、そんな大相撲にかかわるお話。

 

宮城県は、全国的にも強いとされる横綱を輩出した県。

 

この蔵王町で1694年に初代 谷風梶之助が生まれました。

 

当時は横綱という位はなく、最高位が大関でしたが、その大関として9年無敗などという相撲史に残る力士だったそうです。

 

そんな初代谷風の銅像が、宮小学校前には建っており、校庭には、学校としては珍しく土俵があります。

 

そこでは、わんぱく相撲などの大会がよく開かれています。

 

そうしたことや関係者の縁もあり、この度、大相撲の中村部屋の力士のみなさんが、この蔵王町で夏合宿をすることとなりました。

※親方は、元関脇・富士桜。70年代の相撲ファンには「突貫小僧」などの愛称で親しまれました。

 

遠刈田温泉付近の遠刈田公園に特設の土俵を設け、そちらで稽古をしたり、町内各所で相撲教室や、囲む会などが行われます。

 

8/1(水)~7(火)は、朝稽古を自由に観戦することができます。

 

また、夜などには遠刈田の温泉に入りに来るなど、力士の方を目の当たりにする機会も多くあります。

 

この蔵王の地から、より立派な力士が育ったら、うれしいですね。

 

基本情報

大相撲 中村部屋 蔵王夏合宿

日時/平成24年7月31日(火)~8月8日(水)
場所/遠刈田公園 仮設相撲場など
 ※朝稽古見学は8月1日(水)~7日(火) 7~11時の間、可能です。