たっぷり蔵王!キャンペーン メニュー紹介 その20

たっぷり蔵王!CP2012 チーズシェッド チーズフォンデュー

 蔵王町内の飲食店、宿泊施設や食品製造業者など『食』にかかわる事業者による、蔵王町内産食材にこだわったメニュー等をPRするキャンペーン、「たっぷり蔵王!キャンペーン」を11月末まで開催中ですが、その参加店とメニューを随時紹介しております。

今回は、蔵王酪農センター内にある3施設をまとめてご紹介!

まずは、

チーズシェッド 外観

酪農センター入口にある丸太小屋風の「チーズシェッド」。

 

こちらで味わえるのが、幟にもある

 たっぷり蔵王!CP2012 チーズシェッド チーズフォンデュー

このチーズフォンデュー。

※2名様以上でご注文いただけます。

チーズをワインなどで煮溶かし、それを野菜やパンなどにつけて食べるスイスの郷土料理。

ハイジがいそうな草原が頭によぎるかも?

蔵王産の食材は、

・フランスパン(酪農センターの自家製)

と、

 蔵王シュレッドチーズ

この蔵王シュレッドチーズ。色々なチーズを混ぜて細かく削ったものです。

続きまして、 

チーズハウス 外観

チーズをはじめとしたお土産が買えるチーズキャビンの向かいにある、チーズハウス

ソフトクリームなども売っている お店で他にもいろいろなメニューが味わえるのですが、その中のメニューが、

ラクロネット 焼く前

ご覧の材料を使って作る、
 

 たっぷり蔵王!CP2012 チーズハウス ラクロネット

スイスの家庭料理「ラクロネット」。

簡単に言えば、チーズを使ったお好み焼きのようなものでしょうか。

チーズのこんがりとしたところと、とろーりとしたところ、両方が味わえておいしいのです。

このメニューで使われている蔵王町産の食材は、

・フランスパン(フォンデュー同様、酪農センターさん自家製)

と、

蔵王モッツァレラチーズ

蔵王モッツァレラチーズ。

トマトと一緒に口に入れると、すばらしいハーモニーを奏でる(かといって肩こりが治るわけではありません←わかる人にしかわからないネタ)、脂肪分の少ないあっさりとしたチーズです。

最後は、

蔵王牧場 外観

チーズハウスすぐ横にある「手作りパン・チーズケーキ 蔵王牧場」。

こちらでは、

蔵王クリームチーズ

酪農センターといえば、これ!蔵王土産の定番・蔵王クリームチーズを使った、

たっぷり蔵王!CP2012 蔵王牧場 チーズスティック

チーズスティックです。要は、チーズケーキを細長く作ったもの。

 

切れば、一口サイズのデザートに。

プレーン、ブルーベリー、オレンジ、クランベリー、オレンジ、ショコラ、いちじくなど様々な種類がありますので、それを少しずつ味わうのも面白いかもしれません。

チーズを使った料理は、蔵王を代表する味覚の1つですので、ぜひご堪能あれε= o(´~`;)o!

基本情報

蔵王酪農センター内の提供メニュー

チーズシェッド の 「チーズフォンデュー」

営業時間/10:00~16:30(平日)、9:30~17:00(土日) (無休)
料金/お一人様 1,000円(2名様以上から注文できます)
お問合せ/チーズシェッド TEL 0224-34-4121

チーズハウス の 「ラクロネット」

営業時間/10:00~17:00
料金/お一人様 1,000円(2名様以上から注文できます)
お問合せ/チーズハウス TEL 0224-34-3750

手作りパン・チーズケーキ 蔵王牧場 の 「チーズスティック」

営業時間/10:00~16:30
料金/1本 200円~
お問合せ/手作りパン・チーズケーキ 蔵王牧場 TEL 0224-34-3311

いずれも、住所/蔵王町遠刈田温泉字七日原251‐4