チャセゴが行われました

2013.1.14-1

 

 

 

 

 

 

 

毎年1月14日に行われる遠刈田の恒例行事「チャセゴ」が昨夕ありました。

チャセゴとは、250年前からやっていて、今も続いているのは遠刈田地区だけ。
「福の神」である子どもたちが家を訪れることによって、その家は幸せになるということです。

「アキの方からチャセゴにきした」という掛け声をかけながら子どもたちが周りますが、
“アキの方”とは“福の神がすんでいる方”という意味。
「福の神がすんでいる方からチャセゴをしにやってきた」という掛け声になります。

そしてチャセゴで子どもたちが訪れた家々は、幸せをもたらしてくれてありがとうという
御礼の気持ちと、福の神様にわが家の災いのもとを持ってってもらうという気持ちを込めて
子どもたちに「お菓子」を渡します。

いわゆるハロウィンに似た行事ですね。

昨日は雪が降りしきる中、子どもたちは元気に温泉街を歩いていました。
観光案内所にもやってきたので、お菓子を渡して御礼と厄落とし。

2013.1.14-2

 

 

 

 

 

 

 

今年も福の神たちのおかげで幸せな一年になってほしいものです。