樹氷めぐりに参加してきました2013 その1

蔵王の冬の風物詩・樹氷。

 

その樹氷を間近で見られる「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」が現在行われていますが、
実際に参加(2月18日)し、その状況を見てきました。

というわけで、スタートは 

神の湯前 足湯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠刈田温泉街の共同浴場・神の湯前にある足湯付近。その目の前に、 

樹氷号

 

 

 

 

 

 

 

こちらのすみかわスノーパーク行のバス「樹氷号」に乗り込みます。
遠刈田温泉から乗ると無料(仙台からの乗車の場合は有料)ですが、
予約が必要ですので、樹氷めぐり本体と同時にお申込みされるのをお薦めします。

 

さて、バスが動き出して蔵王エコーラインへと入っていきます。

エコーラインの積雪

 

 

 

 

 

 

 

現在のエコーラインは、このような状況です。
途中でバスにチェーンを取り付けるための停車がありました、
まだまだ路面は圧雪や凍結で滑りやすくなっていますのでお車で御通行の際はご注意を。

 

雪の中の不動尊

 

 

 

 

 

 

 

こちらは蔵王不動尊、写真左に不動明王像が見えますが、
まだまだ周りには大量に雪が積もっています。

普通不動明王像は剣先を上に向けているのですが
こちらは剣先を地面に向けています、
火山や地震を鎮めるために下を向けているともいわれています。

 

エコーライン冬期通行止め区間ゲート

 

 

 

 

 

 

 

エコーラインの冬期閉鎖のゲートです写真奥のゲートが閉まっているのが見えます。
看板にあります開通日は予定となっており、雪など道路状況により変更が御座います。

 

今回は遠刈田温泉街からすみかわスノーパークまで。
その2へ続きます。