OZEKIYAの古品こけし3系統ご紹介

OZEKIYA遠刈田親子こけし

平成25年2月2日(土)の夜にテレビ東京で放送されました「土曜スペシャル」で
遠刈田温泉街が紹介されました。
関東圏の方々はご覧になって頂けたでしょうか。

紹介された施設の中の一つ、リサイクルブティックOZEKIYAでは、かわいい
古品こけしが紹介されました。
そこで、今回は遠刈田系、木地山系、山形系の古品こけし3系統をご紹介します。

まずは上記画像の「遠刈田系」↑
佐藤照雄さん、憲雄さんの親子こけし。
父と息子が築き上げた大変貴重な逸品こけしです。
通称、地元では“ねむりこけし”と言われて親しまれていたとのこと。
にこにこと微笑ましい表情が見ているだけで心を癒してくれます。
親子ふたりで築き上げてきた伝統を受け継ぐ工人も少なくなり、
二度と作られることのない古品こけしです。

続いては「木地山」高橋雄司さん↓

OZEKIYA 木地山 高橋雄司

おかっぱ頭と清楚な表情が味わい深く、系統の中でも特に人気のあるのが
木地山のこけしです。
良き古きの中にも、女性の美しさが一際惚れ込む貴重な逸品です。

次に「山形系」の山寺 石山三四郎さん↓

OZEKIYA 山寺 石山三四郎

なんとも言えない愛らしい表情が愛好家さんにも長く親しまれ続けています。
生前にも石山さんの作品はあまり作られることがなかったそうなので、
今では手に入れることが難しくなってきました。
大変貴重な逸品となっています。

最後に「山形系」の米沢 平塚安兵衛さん↓

OZEKIYA 米沢 平塚安兵衛

明治41年に生まれ、唯一の卯三郎型松竹梅こけしを世に広めた工人さん。
あどけない表情が見ていて心を優しくしてくれます。
こちらも大変貴重な逸品となっています。

古品こけしについての詳細はOZEKIYAまでお問合せください!

基本情報

リサイクルブティック OZEKIYA

TEL:0224-34-2727
定休日:火曜日