町あるき体験会を行っています。

町あるき体験会(平沢) 阿弥陀

蔵王町観光協会では、今年4~6月に「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」が行われることも踏まえ、蔵王町内を訪れた方により楽しんでいただける・満足していただけることなどを目的として、研修会「蔵王町観光サポーター養成講座」を開催しています。

 

現在、町内の地区を実際に歩いて、その地のスポットなどを見聞する「町あるき体験会」を行っています。

 

その第1回目の模様を簡単にお伝えします。

歩く地区は、仙台寄りの村田町に近い平沢地区。まずは、そこまでバスで移動。

 

町あるき体験会(平沢) 根返しの桜

車内からは、伝説のある根返しの桜鬼子坂の桜などを見ることができました。
まだ開花には早いですが4月中旬~下旬頃には咲くかと思われます。

平沢地区に着いてまず見たのが、

町あるき体験会(平沢) 阿弥陀

こちらの丈六阿弥陀如来坐像。奥州藤原氏が建てる仏像の特徴があることや、これ以上のサイズを大仏と呼称することなどが説明されました。

そこから少し歩いての清立寺(せいりゅうじ)へ。

町あるき体験会(三尊堂舎)

そちらにある三尊堂舎と言われる厨子を見学。
こちらを住職さんがご説明くださいました。

この周辺は江戸時代、平沢要害を居館としていた高野家という、伊達藩の家臣が治めていました。
その要害への大手なども歩いてみました。

町あるき体験会(平沢) 米とぎ

平沢地区は水がきれいな地なのですが、その水路などを利用して土地の方がお米などを研いでいました。
そんな地域での生活も感じることができました。

町あるき体験会(平沢)弥陀の杉

そして地域の象徴とも言える、弥陀の杉へ。
その高さに圧倒される参加者。

そしてこの杉と関連のある、だるま講関連の碑などを見学。 

町あるき体験会(平沢) 水神社

弥陀の杉から少し歩くと着く、水(すい)神社。
そこの一角にあるこの湧き水は、町内でも汲みに来る人が多くいます。

町あるき体験会(平沢) 鎌倉温泉1

木の中の一本道を通って行くととたどり着く里山の一軒宿・鎌倉温泉へ。
風情が結構あります。春先の桜が咲いた時期は、きれいです。

町あるき体験会(平沢) 鎌倉温泉2

温泉の広間で休憩しつつ、先代主人にお話をお伺いしました。

その後、熊野神社にも寄り、最後に

町あるき体験会(平沢)みんな野

 

 

 

 

 

 

 

産直市場 みんな野でお買いもの。筆者も大きな大根を1本購入してみました。

そんな感じで2時間強歩きましたが、コンパクトに色々と見どころがある地区です。

そして、こんな感じで町内を周る研修です。

蔵王町観光サポーター養成講座(3月)

今後も続きますので、蔵王町に関係のある方・ご興味のある方のご参加をお待ちしております。
(参加には、上記申込書にご記入の上、ご連絡ください)