みやぎ蔵王弁当 第3弾

みやぎ蔵王弁当 第3弾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台駅が日本一。

 

さて、何の日本一かというと、「駅弁の種類」です。

 

仙台は、東北の玄関であり、そして東北の山海の幸が集まる所。それが故に、駅弁も豊富なのです。

 

どれにするか、とても迷っちゃうくらいあります(毎日お昼に食べたとしても、1ヶ月以上かかります)。

 

そんな中、また一つの種類が加わりました。

 

それが、上記画像の「みやぎ蔵王弁当」。

 

みやぎ蔵王の豊富な食材を使った料理を持ち寄った「みやぎ蔵王弁当」が以前発売されていましたが、その第3 弾です。

 

お品書きとしては、

・おむすび三種(白石産ひとめぼれ米使用)
  蔵王産のえごまの塩むすび
  七ヶ宿産のそばの実入り味噌むすび
  角田産の梅むすび
・蔵王産 蔵王爽清牛の柚香焼き
・大河原産 もちぶたの甘辛炒め
・角田産 秘伝豆と野菜の揚げ真丈
・蔵王山麓産 生芋こんにゃく煮
・蔵王産 よもぎ入りこんにゃくゼリー
・鶏肉の蔵王ハーブ焼き
・白石「竹鶏ファーム」 鶏卵の厚焼き玉子
・炊き合わせ(穂筍・にんじん・ふき・菜の花・飾りにんじん)
・宮城県産 香の物

全体として、三種のおむすびを雄大な蔵王の山々に見立て、
その裾野に広がるみやぎ蔵王の恵みの数々を詰め込んだ、というコンセプトだそうです。

さらにプレゼント企画があります!

弁当に入っているハガキで応募すると,抽選で次のものが当たります。
1等 温泉宿泊商品券(2万円分) 4本
2等 県南エリア特産品(5千円相当)  26本

また、you tubeにて、PV動画がアップされますので、そちらもご覧下さい。

DC期間中の特別な味、ぜひ列車の車窓から味わってみるといいかもしれません。
東北本線では、一目千本桜が見頃なころ、列車が徐行運転されます。
(ロングシートでは食べづらい雰囲気ですが・・・)

 

基本情報 

 みやぎ蔵王弁当 第3弾

販売期間/2013年3月21日(木)~6月30日(日)終了予定
販売場所/JR仙台駅構内・JR白石蔵王駅構内のNRE弁当売店(上記期間)、
 東京駅での仙台・宮城DCフェア中(3月25日~4月7日)他
販売額/1,100円(税込)
お問合せ先/日本レストランエンタープライズ仙台調理センター TEL 022-257-2981