福島からのDC視察がありました

現在、仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(以下、DC)が開催されています。

 

気づけばもう6月なので、あと1か月しかない・・・
う~ん、何か淋しいような・・・

そんな中、「仙台・宮城」開催後には、他の地で同様にDCがあるというわけで、
来年は、山形県(2014年6月~9月)、福島県(2015年4~6月)と、宮城の隣県で行われます。

その福島県から行政の観光部局の方や旅行会社の担当者約70名が、仙台・宮城DCの視察に
訪れました。その行程中、遠刈田温泉街にも立ち寄っていただきました。

その様子をダイジェストで紹介。

※視察対応のイメージとしてご覧ください。 

福島からのDC視察1

まずは、バスで到着。ぞろぞろと降りられて

福島からのDC視察2

案内所前で歓迎のあいさつなど。

 

人数にも寄りけりですが、2班くらいに分かれて簡単に見どころや、取り組みなどをご紹介。

福島からのDC視察3

仙台真田氏に関する取り組みについて説明する旅館 源兵衛の女将さん。

みなさん、「真田なお買物」のひとつ、お梅ちゃんジェラートを召し上がりながら聴いていました。

福島からのDC視察4

こちらは、壽の湯の前で地元ならではのお風呂の入り方を説明するレストランえんそう 
マスター。

こういった地元ならではの話を知ってもらってお客様に楽しんでもらいたい。

DCは、観光客の方が来られての経済的効果ももちろんですが、
受入側の態勢や心構えも変わる絶好の機会だと、
現在携わっている身として実感しています。

 

この日はとても晴天だったので、マスターのオススメで、

福島からのDC視察5

高台にある旅館 三治郎付近へ。

福島からのDC視察6

マスターの母校・遠刈田小学校すぐ横にありますが、そこからは

福島からのDC視察7(三治郎からの眺め)

こんな風に蔵王連峰と遠刈田の街並みが一望できます。

三治郎でも日帰り入浴できますので、山を眺めながらの露天風呂なども楽しめます。

 

そして、

福島からのDC視察8(刈田嶺神社)

遠刈田の刈田嶺神社へ。
みなさん、DCの成功を願ってお祈りしていました。

福島からの視察9

最後に、御礼の挨拶をさせていただいて、一行は遠刈田の地を去られました。

福島からの視察10

 
関係者総出で、バスに手を振る光景。
大まかには視察の場合、このような流れが多いですね。

最後に、震災以後、宮城県以上に大変な状況にある福島県を観光面から盛り立てていく
福島デスティネーションキャンペーンの成功をお隣の県の住民、
および 同じ観光業に携わっている者として心からお祈りしております。