そこらの花とは違う?

高嶺桜

 

 

 

 

 

 

蔵王の山には、ミネザクラという桜が咲く箇所があります。

 

桜の時期という印象は、もはや全くない6~7月頃に例年咲きます。

標高によってその時期に違いがあり、現在は蔵王エコーラインの刈田峠付近、
蔵王ハイライン、南蔵王縦走コース(登山道)などで現在、淡紅色の5弁花が咲かせています。

 
今月末までの土日祝日運行の「みやぎ蔵王花トレ温泉バス」車内からでも見ることができました。

標高が高いので、低い位置で花が咲きます。ちょうど目線か、それより少し上程度。
ちょっと桜っぽくないですが、これはこれで美しいですよ。

このミネザクラ、別名タカネザクラとも呼ばれています。

まさに、高嶺の花とも言えます・・・ 

※定番の言葉ですが、この”寒さ”で散らないか心配w

(注)高山植物を無断で採取・損傷することは禁止されています。