稲の生育具合

稲130819

 

 

 

 

 

 

 

ジェットコースターのように天気の移り変わりが激しい夏。
その中でも作物はそれでも育っています。

 

暦の上では、秋になりましたが、この時期に採れる作物の一つお米もご覧のように、少しずつ稲穂が頭を垂れるようになってきました。

小村崎の水田

春先は、こんな感じであった水田も色合いが変わってきたのがよくわかります。
もう少しすると、新米も出回り、秋の味覚がいっぱいになります。

そんな秋の蔵王の味覚を堪能できる「たっぷり蔵王!キャンペーン」に関しても、
具体化してきましたので、実施の際にはそちらもお楽しみいただければ幸いです。