稲刈りが行われています

矢附付近の稲刈り風景

秋となり、蔵王町内でも様々な作物が収穫されていますが、
お米に関してもその例外ではなく、稲刈りが続けられています。

春に植えられた苗が見事な黄金色になってしっかり実り頭を垂れています。
 

遠刈田付近のハセ掛け風景

遠刈田付近では、このような「はせかけ」(はさかけ等呼び方は複数あるようです)を
されている所もありました。

 「はせかけ」とは木で組んだ台「はさ」に稲を束ねてかけ、天日で乾燥させる事を言うそうですが 、

地方によっては1本の棒に巻きつけるように稲をかけていく「棒かけ」というやり方もあるそうです。

 この天日干しでの乾燥は、機械乾燥に比べて割れが少なく味の低下も少ないそうです。
そうして十分乾燥した頃に脱穀、精米などがなされ、出荷されます。

そして店舗を通してわれわれの口に入ります。
採れたお米は仙台をはじめとした各方面に出荷されるほか、
地元の直売所などで販売されています。

なお、産直市場みんな野では、

みんな野 イベント2013 8~9月

本日・明日と新米まつりを行っています。
品評会で金賞を獲ったいいお米を販売していますよ。

詳細 ⇒ こちらをご参照ください

秋の食卓に蔵王の新米、いかがでしょう?