鉾附神社

鉾附神社

奥州を支配していた豪族・安倍氏と平安朝廷の戦い・前九年の役(1051~1060)の際、
武勇の誉れ高い朝廷側の武将・源義家(八幡太郎義家)は、
現在の白石市小原温泉辺りから矢を射たところ、
なんと15km近くはあるこの地まで矢が飛び、そして突き刺さった。

そのことから、弓矢の矢が附いたので「鉾附神社」という社を作り、義家を祀った。
との言い伝えがある神社です。

神社がある地区は「矢が附いた所」ということで、「矢附」と呼ばれるようになり、現在に至っています。

住所/宮城県刈田郡蔵王町矢附字外谷地30

Map


より大きな地図で 鉾附神社 を表示