松島高校の校外学習が行われました

松島高校 校外学習 講話

11月13日、日本三景・松島にある松島高校の1学年のみなさんが校外学習で来られました。
(県立の学校。ちなみに宮城県の高校は『立』がつきません)

去年の1年生の方々に続き、2年連続でお越しいただいています。
本当は、10月中に実施の予定だったのですが、台風の影響で延期されていました。
(これまた、『”持ってる男”(=筆者)のせいでは?』との声が一部より・・・)

蔵王町内に遠足・校外学習で町内に来られる学校は多いのですが、
この学校、ちょっと違うのが講話を行程に入れていること。
蔵王町内には観光関連の従事者も多いので、その人たちの講話を聞いて、
職業観や生き方への参考にしていただく、という目的です。

 

今回は、

ホテルの支配人
・起業されてカフェを経営されている方
・僭越ながら筆者(観光協会職員)

がお話しさせていただきました。

何故、その職業に就いたか、どう普段考えて仕事をしているか、
どのようなことを今のうちにして行った方がいいかなどを
各自15分くらいずつお話しさせていただきました。

その後、移動して蔵王ハートランドでお弁当の昼食。
そして仙台にある工場見学をされて行程が終了しました。

松島高校 観光科ポスター

さて、松島は宮城県を代表する観光地ですので、観光資源は言うまでもなく豊富。
今の時期、牡蠣なんかいいですね~。個人的に飲みに行きたい!
温泉卵に引き続き、牡蠣も『飲み物』と主張する筆者←剥くのも大得意)

そんな観光資源を学習素材とし、体験的な学習を通して、人とのコミュニケーションや、
おもてなしの心など、実践的な心構えと能力を養っていくことを目的として、
来年度から観光科(仮称)が設置されます。

詳細 ⇒ こちらをご参照ください

現段階でも選択コースの一環で、この夏、ホテルでの就業体験を蔵王町内をはじめ
県内各所で行いました。

学校全体でも、地元の文化遺産などを見学したり、
春のデスティネーション・キャンペーンの際にも電車に向けて手を振るなどの
活動
をしていました。

その中から今後、観光業界に入る生徒さんもいることでしょうし、
他の職に就かれる方もいるかと思いますが、
学んだことを活かして、一緒に宮城県や日本を盛り立てていけたらいいですね。