2013年の蔵王町を振り返る Part2

 2013年振り返り part2

年末恒例、2013年の蔵王町であったことなどを振り返ってみる企画の第2弾です。
今回は、4~6月にあったことを振り返ってみましょう。

 仙台・宮城DC ポスター

4月1日、仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(以下、DC)が開幕。
宮城県内全域・および隣接県の一部で様々な取り組みが行われました。 
というわけで、今回はDC関連のことがほとんどです。

仙台・宮城 デスティネーションキャンペーン 本日開幕!(4/1)

低気圧被害130408

 4月8日に台風並みに発達した低気圧が東北地方を通過しました。
風速40m超の風により、町内の木々や看板などが倒れるなど被害が多々ありました。
宮城県全体で1億円強の被害総額となってしまいました。 DC始まったばかりだというのに・・・

平沢灯まつり130413

4月13日、地区のシンボル・弥陀の杉をはじめ、平沢地区全域をに灯りを灯すイベント
 「平沢 灯まつり」が行われました。 迫力のある大杉と、その周りに灯った灯が
心温まる景色を見せてくれました。

蔵王山麓 平沢灯まつり(4/11)・平沢 灯まつり行われました(4/15)

花トレ温泉バス出発式

 そのDC期間中に当協会でできることを考えた結果、町内を巡る循環バスを走らせることに。
ということで、「みやぎ蔵王花トレ温泉バス」を4月16日以降の土日祝日運行しました。
そして、その乗車券も兼ねた参加各店舗で使えるお得な割引手形
「蔵王町ぐるっとお楽しみ得々手形」が 蔵王エコーライン開通後は、
御釜などにリーズナブルに行けることもあり、ご好評いただきました。

みやぎ蔵王花トレ温泉バス 出発! (4/16)

仙台真田氏のおもてなし おひろめ会2
 こちらもDCを契機に、郷土に伝わる仙台真田氏の血筋を広めて、
かつ盛り上げていこうと企画された「真田なお買物」。
真田家の象徴・六文銭などをあしらった食品や手ぬぐいなどが作られ、
販売されています。

仙台真田氏のおもてなし (4/18)
真田なお買物 その1 (5/30)
真田なお買物 その2 (5/31)

文化財展「仙台真田氏の名宝」

 そして、その仙台真田氏に関連して、町の文化財関連で実施したのが、
真田幸村のものとされる具足や采配など、仙台真田氏の名宝を展示した展示会や、
現当主の講演会。 DC期間中に蔵王周辺を周るバスでも立ち寄り、多くの人がご覧になりました。

特別展 仙台真田氏の名宝&仙台真田氏歴史講演会 (4/20)
仙台真田氏展が開催されています(5/4)
仙台真田2013 in 蔵王!(6/9)
歴ばす 運行中 (6/18)

 4月21日 雪

4月21日、この時期としては珍しく 雪が降りました。もう少しで桜も咲く・・・
というこの時期にこのようなことがあるとは思いもせず。。。
DC期間中は、天候が安定しなかったなあ・・・

御釜130430

4月27日、毎年恒例のことですが、蔵王エコーラインが開通。
すぐに連休となり、一気にトップシーズンに! ・・・なはずなんですが、
過去に例がないほど不安定な天気で、せっかく開いたエコーラインも通行止めな日が多くありました。
これには、やられたなあ・・・(これまた”持ってる男”ぶりを発揮してしまったか??)

4月30日 蔵王エコーライン・ハイラインについて (4/30)

すいせんまつり130510

 しかし、いつまでも天気が悪いわけではない!少しずつ温かくなり、
えぼしスキー場でのすいせん祭りも、例年より1週間ほど開花が遅れましたが、
とても鮮やかに花が咲きました。

すいせんが満開です (5/13) 

日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2013 レース風景

 蔵王エコーライン ハイラインを舞台にした自転車ロードレース「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2013」が5月19日に開催されました。 晴天の下、約1,200人のヒルクライマーが蔵王の山に挑みました。

日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2013が行われました(5/19) 

大道芸 イメージ

   6月1・2日、遠刈田温泉街で「大道芸フェスティバル in とおがった」が行われました。
世界的なジャグリングの名手をはじめ、日々磨き上げられた妙技にくぎ付けになる人が
多くいました。

大道芸フェスティバル 宵まつりが開催されます (6/1)

大道芸フェスティバル 本まつり開催 (6/2)   

びゅうばす 見送り

 先ほどの仙台真田氏展の見学や、御釜などに向かうバス「歴ばす」もDC期間中に運行。
遠刈田温泉街の散策などもあり、最後に見送りする光景などが見られました。

歴ばす 運行中 (6/18) 

そして、6月末をもってDCも終了し、夏本番へと差し掛かっていきます。