寒晒しそばが提供中です

賛久庵の寒晒しそば

先般稀にみる大雪が降るなど、意外と寒い今年の冬。

しかし、そんな冬がもたらす美味もあるということで、
毎年恒例ですが、蔵王町内のそばを提供している店の一部で、 “寒晒しそば”が提供中です。

寒晒しそばの引き上げ風景

この寒晒しそば、スキー場外れの雪に覆われた川の中に、そばの実(玄そば)を浸け込むことで、
あくが抜けて普通のそばよりも甘みが増していると言われている そばなのです。
川から引き揚げられた後、寒風に晒されて乾燥しました。
それを粉に挽いて、そばを打ち、提供されています。

提供店の一つ、蔵王のそば処 賛久庵で伺ったところ、
二八のそばが毎日数量限定で置き換わります。
提供期間は、状況にもよりけりですが、5月初旬頃までかと思われますとのこと。
今年の出来ですが、かなりの寒さがあったので、例年以上においしくなったと思います、とのこと。

蔵王町内で食べられるお店ですが、

蔵王のそば処 賛久庵
樹の里

となっています。

 
基本情報

寒晒しそば

提供期間/3月1日~なくなり次第(目安4月中)
価格/提供店によって異なります
お問合せ/提供各店まで