玉浦屋 初春の新作

玉浦屋 2月の新作菓子全体

蔵王町宮地区にある創業110年以上の老舗菓子店、御菓子司 玉浦屋。

こちらでは、洋菓子を主にお父さんが和菓子を息子さんが作っています
そんな息子さんが作った新作菓子をご紹介。

玉浦屋 和菓子 お多福

「お多福」。うさぎじゃないですよ(笑)。いずれにしても愛らしいですね。

玉浦屋 和菓子 鬼は外

続いて、2月だということをとても感じさせてくれる「鬼は外」。
ちょっとこの鬼さん、かわいすぎだなあ~

玉浦屋 和菓子 水仙

続いて、「水仙」。今はまだ雪の下に埋もれている えぼしスキー場のすいせん祭りを彷彿とさせます。

玉浦屋 和菓子 春つくし

もう一つ、土から生えてくるもので、「早わらび」。
春の息吹を感じます。

玉浦屋 和菓子 寒紅梅

続いてもうちょっとしたら咲く?「寒紅梅」。
意外にも蔵王町は梅も多く採れますので、花も咲きます。

玉浦屋 和菓子 鶯

最後に、「うぐいす」。鮮やかな色あい。

どれも季節感あふれる技が感じられます。
これらすべて各200円で販売中です。

基本情報

御菓子司 玉浦屋

住所/宮城県刈田郡蔵王町宮字町51
営業時間/8:00~19:30 (毎月5・15・25日 定休)
TEL/0224-32-2520