蔵王山麓 平沢灯まつりが行われます

平沢灯まつり2014 チラシ

蔵王町平沢地区の象徴・高さ45mもある巨木 弥陀の杉
樹高約45m、幹周り約10m、樹齢約900年という、宮城県指定天然記念物に指定されている巨大な杉の木です。

奥州藤原氏にも関係するこの木、明治時代には、産科医・五十嵐汶水が
この木の周辺に「だるま講」という安産信仰を広め、その信仰に来る人で賑わったそうです。
現在でも、「だるま杉」とも呼ばれ、地域の人に親しまれています。 

さて、この木を

灯まつり

このようにライトアップしたり、

平沢灯まつり130413

周りに竹灯篭を灯したり、

平沢灯まつり2013-3

平沢小学校(臨時駐車場)から会場までの道すがらに地元の子どもたちが描いた行灯を灯すなど、
平沢地域全体を灯すイベント「蔵王山麓 平沢灯まつり」が4月12日に行われます。

当日は17時30分より開会行事を行い、18時から20時30分の間、点灯されます。
子どもあかり行列、平沢小学校裏のしだれ桜のライトアップも行われます。
夜の中で幻想的に灯される だるま杉や平沢地区をぜひご覧ください。

なお、翌日はだるま講信仰のお祭り「だるま講例祭(だるま子どもまつり)」もだるま堂などで行われます。

基本情報

蔵王山麓 平沢灯まつり

日時/平成26年4月12日(土) 18:00~20:00
場所/蔵王町平沢 弥陀の杉・新町地区
備考/雨天時は中止(小雨時は、一部行事のみ実施)
問合せ/蔵王町教育委員会 教育総務課 0224-33-3008