しみ大根作り

料理研究

今日は、当観光協会の会員さんからいただいた情報をお伝えします。

 

ちょうど1週間前、蔵王町農村生活研究グループの

佐藤初子さんに先生として協力いただき、

蔵王町産の大根を使った「しみ大根」作りを会員さん自らが企画しました。

 

今年は試験的なもので、来年が本番との事。

参加した4人で大根約20本を使い、しみ大根を作りを体験しました。

 

今回はガスを使って鉄釜にお湯を沸かしましたが、

来年の本番は薪を焚いてお湯を沸かし、大根を茹でて作業するそうです。

 

茹でた大根は写真のように紐を通して干し、

一度、凍らせる必要がありますが、

幾日で乾燥するかは寒さ加減によります。

 

しみ大根作り初体験ということで、

少しずつ凍みていくのがまた楽しみの一つですね。