殉難碑

殉難碑

 

遠刈田温泉の刈田嶺神社脇には、写真のような碑があります。

 

この碑が何を示すかというと、

 

昭和2年5月31日 円田村(現在の蔵王町永野)の大火の際、

 

当時、消防団の小頭であった渡辺幸治氏ら数人が、トロッコに乗って消火の応援に向かう途中、

 

えぼ岩(県道12号線で遠刈田に来る途中にある、急カーブの辺り)付近でバランスを失い、
事故に遭遇し、殉職されました。

 

その方々の英霊を顕彰し、永久に英魂を讃え、弔うために建立されたものなのです。

 

われわれも街を火の手から守り、より良い街を築かなければいかねば・・・

 

と改めて感じさせられます。

 

まだまだ乾燥しておりますので、皆さまも火の扱いには十分お気をつけください。