今年も観光案内所にツバメが巣を作りました。(蔵王町観光案内所)

観光案内所のツバメ150422
写真:観光案内所にツバメの巣

今年も、遠刈田温泉街にある観光案内所の軒下(換気口の上)でツバメが巣を作りました。
2011年頃から、案内所の軒下に作り始め、それ以降毎年4月になると、ツバメがやってきます。

昔から、地方によっては、
日本においては、ツバメは人を呼ぶと、幸運の象徴と思われていました。
ツバメの巣のある所に、必ず人が集まるということから、商売繁盛の象徴でもあります。

ツバメは、「人が住む、集まる環境に巣を作る」という習性をもっています。
ツバメが好んで巣を作る場所は、
人の出入りが多く、雨風が当たらず、直射日光が当たらず、風通しが良く、
天敵の目から見えにくい場所です。
子育ての間、人に助けてもらうため、
人がいる場所に巣を作って天敵から守ってもらい、安心して子育てをするためです。

人の出入りが多い場所に営巣するということで、商売繁盛の印にもなります。

観光案内所でも、人を呼ぶという、ツバメを大切にしています。
今年も、蔵王へ、多くの皆さんに訪れてほしいなぁと願っています。

基本情報

<蔵王町観光案内所>
■所在地/ 〒989-0912 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町33番地
■連絡先/ TEL 0224-34-2725  FAX 0224-34-2772
■窓口応対時間/ 9:00~17:00(年中無休)
※土休祝日や平日で、窓口お休み時間帯はありません。
※窓口応対時間以外については、時間内でお問合わせいただくか、
ご用件をメールでお寄せいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、応対時間内での応対となりますので返信までお時間をいただきますこと、ご了承ください。
■MAIL/ zaokanko☆crocus.ocn.ne.jp ※☆印を「@」へ置き換えてください。