梨の接木

梨の接木

とある方から情報提供をいただきましたので、梨の接木作業を紹介致します。
 
そもそも宮城県内の中で、梨の生産量が最も多いのが蔵王町。
 
その収穫量:1940トン、作付面積99ヘクタール。
 
 
県内の収穫量シェアの約50%を蔵王町が占めているのです。
※平成15年度の数字。
 
 
 
品種更新という作業があるのですが、一挙更新というやり方があり、今年は現在の品種を採取し、来年からはすべて新しく接いだ品種のみを収穫するそうです。
 
 
たくさんの枝に1本1本接いでいく作業をし、あとから結び紐の長い所をすべて短く切るそうです。
 
 
このように丁寧に栽培された蔵王町が誇る、おいしい梨が今秋も味わえることでしょう。