「蔵王の御釜」見学。これからの季節、寒暖差や天候をご確認ください!

蔵王の御釜
画像:「蔵王の御釜」

7~8月にかけて、連日、猛暑の日が続いておりました、日本列島。ここ、宮城県蔵王町でも、蒸し暑い日が続いておりました。
(南から来る人にとっては、湿気が少なく、幾分か過ごしやすいそうです。)

そして、9月に入り、猛暑も和らいだように感じます。

連日の猛暑を蔵王で涼むといえば、蔵王の顔ともいうべき、「蔵王の御釜」。

これからの季節、夏から秋や冬の季節が近づくにつれて、御釜の辺りの気温はガクッと下がってきます。

下界との寒暖差をご確認ください!羽織れる防寒着をお忘れなく!

「蔵王の御釜」は、地図を見てもわかるとおり、山の上の標高が高い場所に位置しているため、
宮城県側の山麓、遠刈田温泉と比べると気温が約10度以上も下になることがあります。
(たまに、天気が良過ぎて、暑いことがあります。)

下界が猛暑でも、山の上に登るとサンダルや半袖短パン等の薄着では涼しいというよりも極寒のことがあります。
薄着の上に羽織れる防寒着や寒さ除けになる靴は、必須です!!!

温度差や気圧差で体調が悪くなることもございます。

山の上の天候をご確認ください!見れたり、雲に隠れてまったく見れなかったりします!

次に、「蔵王の御釜」の見学についてですが、
標高が高い山の上の天候なので、御釜が雲や霧に隠れて、まったく見れない場合もございます。
その点をあらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

また、悪天候の場合、「蔵王の御釜」見学に通じる「蔵王エコーライン・ハイライン」は、濃霧で視界不良になることもございます。
荒天のなかで運転する際には、ヘッドライトの点灯や、エンジンブレーキも利用して速度や車間距離にも十二分に注意して走行してください。

いま現在の「蔵王の御釜」をリアルタイム映像でご確認いただけますので、ぜひご利用くださいませ。
〇蔵王町 蔵王の御釜 ライブカメラ 映像
http://zao.ind-ddns.com/CgiStart?page=Single&Mode=Motion&Language=1
〇気象庁 火山カメラ画像 → 右側に表示された、観測点「蔵王山(刈田岳)」を選択
http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php

蔵王山(蔵王連峰)の火山活動に関しまして
随時、今後の最新情報をご確認いただくか、「宮城県蔵王町役場ホームページ 蔵王山火山防災情報」をご確認くださいますよう、お願いいたします。
http://www.town.zao.miyagi.jp/kazan/index.html
(リンク先:蔵王山 火山防災情報 – 最新情報 -蔵王町)

御釜見学の後には、こけし館にて、ひと休み!
車でドライブやバイクでツーリングで、
御釜から宮城県側へ下山後、宮城蔵王・遠刈田温泉にある「みやぎ蔵王こけし館」にて、ひと休みはいかがでしょうか?

広い駐車場を備えておりますので、大人数のグループで駐車して休憩するなど、蔵王観光の拠点にしていただくことも可能です。
館内では自販機もあり、売店には、蔵王町内のお土産品、遠刈田伝統こけし、木地玩具、大人気のざおうさまグッズを取り扱いしております。

お近くにお越しの際には、ぜひご利用くださいませ。

みやぎ蔵王こけし館 全景
写真:みやぎ蔵王こけし館

基本情報
蔵王の御釜
■所在地/ 〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
※御釜は、蔵王国定公園 内に位置しておりますので、ピンポイントの住所がございません。
蔵王町伝統産業会館(みやぎ蔵王こけし館)
■所在地/ 宮城県蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135
■連絡先/ TEL 0224-34-2385 FAX 0224-34-2300
■開館時間/ 午前9時~午後5時(最終入館時間 午後4時30分)
年中無休(12/29~1/3 最終入館午後3時)

■ウェブ/ http://www.kokeshi.server-shared.com/