日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2010 開催されました!

レース開始直後、蔵王の山に挑む選手達

昨日、自転車競技レース「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2010」が、はじめて開催されました。
天候の安定しない今年の蔵王でありますが、この日は雲ひとつない快晴!

 
朝7:30のフルクラス(御釜近く、刈田山頂レストハウスがゴール)チャンピオンクラス・男子Aクラス(20歳未満)・男子Bクラス(20~29歳)から、順次スタートし、約870名が蔵王の山に挑みました。

 

トップの選手は、距離18.7km、標高差1,334m(東京タワーの4倍!)を、なんと1時間1分19秒(!)という速さで駆け登りました。

 

入賞された選手には、こけし発祥の地・遠刈田がある蔵王町らしく、自転車のモニュメントをあしらった、こけし型のトロフィーが贈呈されました。

選手の方にうかがえば
「風も強く、タフなコースであるが、眺めは最高に良く、楽しかった」

とのことでした。

 

選手の皆様、大変お疲れさまでした。