「特別展 仙台真田氏の名宝Ⅳ」開催中&蔵王町 真田の郷PR大使「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」第7期メンバー 始動

_DSC8024111
真田 幸村 公にゆかりの郷 蔵王町では、14代目のご当主、真田 徹 氏所蔵の仙台真田氏に伝わる幸村公愛用の遺品を特別公開している「特別展 仙台真田氏の名宝Ⅳ」を開催中です!

采配や肖像画の他、「幸村 公所用の刀」など特別展初公開となる展示もございます。

160423第7期 伊達武将隊 メンバー
蔵王町 真田の郷PR大使奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」第7期メンバーの皆さん、総勢 7名(2016/4/23現在)。

去る2016年 4月23日、晴れ渡る青空のもと、「伊達武将隊」第7期メンバーの皆さんは、仙台藩 初代藩主の 伊達 政宗 公を祀り、江戸時代に仙台藩 南部の要所の白石城主を任された 片倉小十郎 家の末裔、片倉 重信 殿が宮司を務める「青葉神社」をはじめ、瑞鳳殿大崎八幡宮にて参拝を済ませた後、仙台城にて「出陣の儀」を執り行い、第7期の活動を始動いたしました。

先月末で、伊達 政宗 公の従弟、伊達 藤五郎 成実 殿と 片倉 小十郎 重長 殿が天へと還られておりましたが、
第7期メンバーでは、「大坂の陣」で真田 信繁(幸村)殿と戦った際の名乗り片倉 小十郎 重綱 殿(4代将軍 徳川 家綱 公の諱を憚り、後に「重長」に改名)に戻って再び蘇りました。

今回、真田 信繁(幸村)殿が着用している、一際赤く目をひく、赤い陣羽織
蔵王町を拠点にして、蔵王町にゆかりの真田 信繁(幸村)殿の子孫『仙台真田 氏』で地域を盛り上げるために様々なまちづくり活動に取り組む『蔵王山麓 真田の郷を磨く会』が製作したものになります。
※「仙台真田 氏」の詳細説明については、こちらのリンクをご覧ください。

今年度も、「伊達武将隊」の皆さんは、仙台城を拠点にして県内のみならず、
全国各地から世界でも「伊達な おもてなし」で活躍されていますので、
お会いした際には、どうぞお気軽にお声掛けください。

基本情報
「特別展 仙台真田氏の名宝4」
期間: 平成28年 4月2日(土)~6月30日(木)
午前9時~午後5時
会場: 蔵王町役場向い 蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)展示室
入場料金:無料

お問い合わせ
蔵王町 生涯学習課 文化財保護係
TEL 0224-33-2328
http://www.dokitan.com/event/index.html
真田の郷・蔵王町PR活動ページ
http://www.dokitan.com/sanada/index.html