蔵王山の噴火警戒レベルの運用が開始されました。

御釜・夏
※上の画像は、以前撮影したものです。

 

平成28年7月26日(火)、蔵王山で噴火警報レベルの運用が開始されて、
仙台管区気象台から蔵王山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が
発表されましたのでお知らせいたします。

下記のURLにクリックすると、気象庁のホームページが開きます。
ご確認ください。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/212.html

 

**(本 文)**

平成28年7月26日14時00分 仙台管区気象台が発表

<蔵王山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)を発表>

【火山活動の状況及び予報警報事項】
火山活動は、これまでと変わらず、噴火の兆候は見られません。
蔵王山の噴火予報・警報は、噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)です。

【対象市町村等】
宮城県:白石市、蔵王町、七ヶ宿町、川崎町
山形県:山形市、上山市

【防災上の警戒事項等】
蔵王山の火山活動の状況及び警戒事項等については、これまでと変わりありません。
火山活動は、長期的にみると2013年以降火山性地震の増加や火山性微動の発生が観測されており、
火山活動はやや高まった状態にあります。
また、想定火口域(馬の背カルデラ)内では、噴気や火山ガスの噴出がみられますので、注意してください。