不動尊~滝見台 あたりが、紅葉の「見ごろ」。絶好の写真撮影スポットになっています。 〔蔵王エコーライン 紅葉状況 16.10.28 現在〕

標高850m、蔵王不動尊
写真:「蔵王不動尊」
10月 27日撮影
10月 28日時点、「蔵王エコーライン 宮城県側 紅葉情報」をお知らせいたします。

紅葉状況については、
旧 料金所(峩々温泉 への分岐点) あたり~滝見台 周辺が、紅葉の「見ごろ」になっています。

「蔵王不動尊」、及び「滝見台 展望台」 から眺める、紅葉の景色が「見ごろ」です。

エコーライン沿いの木々も鮮やかに色付いて、紅葉のトンネルになってきました。

■蔵王不動尊 周辺 紅葉

標高700m、不動滝
標高850m、蔵王エコーライン(蔵王不動尊脇)標高850m、蔵王不動尊
10月 27日撮影
(「蔵王不動尊」周辺も、紅葉が見ごろになっています。)

■「滝見台」周辺 紅葉
「滝見台」から眺めた、標高1000m、地蔵滝 標高700m、不動滝

標高1000m、地蔵滝 標高700m、不動滝
写真:「滝見台」から眺めた 地蔵滝 不動滝
10月 27日撮影
蔵王連峰といっても、最高峰の熊野岳(1,841m)や、刈田岳(1,758m)から、
山麓にある遠刈田温泉(約330m)までと標高差があるので、
地点毎でいろいろな紅葉を楽しむことができます。

〇「宮城蔵王 紅葉情報」に関しまして

「(一社)蔵王町観光物産協会 ホームページ お知らせ」でも随時お伝えしていきます。

〇(重要)「蔵王エコーライン」・「蔵王ハイライン」の通行にあたって

2016年10月17日から「蔵王エコーライン」冬期閉鎖開始まで、降雪・路面凍結の恐れがありますので、
宮城県・賽の磧~宮城・山形県境~山形県・蔵王坊平高原までの区間で、
17時00分~翌朝8時00分の間、夜間通行止めになります。
規制区間内に、「蔵王ハイライン」も含まれますので、この時間内の御釜見学なども
できません。
17時にゲートが閉じられますので、それまでに規制対象区間外へ
抜けていただきますよう、お願いいたします。

そして、2016年11月4日17時から、宮城県・すみかわスノーパーク入口~
宮城・山形県境~山形県・蔵王坊平高原の区間で、
冬期通行止め規制が開始されます。

冬期通行止め規制が始まりますと、規制区間内に「蔵王ハイライン」の分岐点が含まれますので、
来春4月下旬まで御釜見学はできません。
(御釜を見るには、雪山登山以外で他に方法はありません)。

山形県方面への通り抜けもできませんので、迂回ルートを通る必要があります。

なお、夜間通行止め時間帯以外でも、降雪・路面凍結等により急遽、臨時通行止めとなる場合がございます。あらかじめご注意ください。