かかしのお出迎え

フルーツラインのかかし

暑かった夏も終わり、秋の気配となってきた蔵王町では、まもなく稲刈りが行われようとしています。

 

その町内・県道12号線沿いでは、農家の方たちによってかかしが立てられています。

毎秋に立てられるようになって5年目となり、既に名物となってきた感があるこのかかしたちは沿道に立ち、交通安全を祈っています。

 

ちょっと愛らしい姿で、目を向けたくなりますが、運転しながら見ると危ないですので、見るなら安全な所に車を停車させて見て下さいね。