昨日は、チャセゴが行われました。

1月14日は県内では「どんと祭」が行われましたが、
遠刈田温泉街ではもう一つの伝統行事「チャセゴ」が行われました。

子供達が「歳徳神(福の神)」の役になり、「アキ~の方からチャセンコ(ゴ)にきした~♪」の
掛け声とともにが家々や商店を回ります。
子供達が訪れた所ではアキの方(福の神の住んでいる方・その年の恵方)から
福を持って訪れてくれた福の神(子供達)にお菓子を渡します。
これには、「福をもたらしてくれてありがとう」と「お菓子と一緒に災いのもと(厄)も持って行ってください」の意味が込められています。
※子供達は福の神なので災いのもとなんて効きませんので大丈夫です。

今年一年も良い年でありますように…