『みやぎ鎮魂の日』震災から7年がたちました。

<みやぎ鎮魂の日>
3月11日は、震災で亡くなられた方々を追悼し、震災の記憶を風化させることなく
後世につたえていく【みやぎ鎮魂の日】になっています。
「(宮城)県では、東日本大震災で亡くなられた方々に追悼の意を表し、
震災の記憶を風化させることなく後世に伝えるとともに、
震災からの復興を誓う日として、
『みやぎ鎮魂の日を定める条例』を制定し、3月11日を「みやぎ鎮魂の日」と定めました。 (宮城県HPより)」

震災から7年となる今年の「みやぎ鎮魂の日」を迎えるにあたり

蔵王町内では、14時46分に災害用サイレンを一分間一斉に鳴らされます。
犠牲となった人たちの鎮魂を願い、【黙祷】を捧げることといたします。
※火災と間違わないようにお願いします。

今後とも、この出来事を忘れずに、この機会に東日本大震災関連情報をもう一度整理してみましょう。

日頃から災害に備え、防災用品や避難経路の確認等を行い、お住まいの地域内や職場等での対応を事前に協議するなど常に災害への意識を心がけましょう。