蔵王エコーライン・蔵王ハイラインは通行可能です。

2019年4月26日(金)に開通式が開催され「蔵王エコーライン」「蔵王ハイライン」の通行が可能となり、
御釜の見学や宮城県~山形県間の通りぬけも可能となりました。

蔵王の象徴ともいえる「御釜」をはじめ、宮城県側エコーライン沿線上には、
滝見台」「不動滝」「駒草平」など多数の見所があり、季節によって違った姿をご覧いただけます。

【「蔵王エコーライン」・「蔵王ハイライン」 の通行に関するご注意】

・当日の天候や路面点検の結果、ノーマルタイヤでの通行が危険と判断された場合は『臨時通行止め』が実施されます。
スタッドレスタイヤやチェーンの有無にかかわらず、ゲートが閉じられ通行止めとなります。

・2019年5月19日(日)は、「蔵王エコーライン」「蔵王ハイライン」を会場に開催される自転車ロードレース「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2019」開催の為、競技時間中の6:00~12:30頃まで宮城県側の蔵王エコーラインは全線通行止めとなります。
なお、山形県側は刈田リフト乗り場までは通行が可能です。