新地 こけしの里

新地こけしの里

遠刈田こけし は大きめの頭と細い胴が特徴で、顔には優しい微笑を漂わせています。
遠刈田の中心に位置する温泉街には、こけし工人の店が軒を連ね、こけし愛好家の姿が後をたちません。

ここ新地はこけし発祥の地で、木地師の祖、惟喬親王を祀った惟喬神社があり、
同姓の工人の家が杉木立の中に集落を作っています。
茅葺屋根もある素朴な家並みは、遠い昔にタイムスリップしたようです。

現在、集落内にある、こけし工人宅(一部)では、
ろくろ挽き見学や絵付け体験を行うことができます。(各こけし工人宅に要問合せ)

こけしの里 見学
こけし作りの実演(イメージ)

また、こけしの里「新地」集落の近くにある、「みやぎ蔵王こけし館」では、
あらかじめお問合せのうえでご確認いただければ、
こけし工人によるろくろ挽き実演の見学や、こけしの絵付け(別途有料)などを体験することができます。

基本情報
お問合わせ/ みやぎ蔵王こけし館 TEL 0224-34-2385

 

アクセス
蔵王町 遠刈田温泉新地
ミヤコーバス「遠刈田温泉湯の町」バス停下車 徒歩15分