旅市コースの下見をしました

旅市2010冬コース

 

 

 

 

 

 

 

蔵王町を訪れる旅行商品の中にJR東日本の「旅市」というものがあります。

一般の旅行パンフレットに載っている旅行商品以上に、その土地の風土や文化歴史・食などの魅力を、
地域の方々とのふれあいを通じて実感いただける、体験型・参加型の新しいタイプの旅行商品。

地域の人々が地域の魅力を感じられるコースを自ら企画立案し、ガイドしたり、おもてなしします。

昨日、そのコースをガイド予定者で下見しました。

今回のコースは遠刈田温泉街を周り、その後、新地こけしの里を見学し、蔵王画廊に寄り、商店街を散策。

 

高原大根ともち豚のしゃぶしゃぶを味わったり、遠刈田の鎮守様・刈田嶺神社のお参りや、

こけし工人さんたちが長年培ってきた技術を感じながら、自らも絵付け体験をするなどもできます。

翌日はオプションとして「雪原歩けばマタギ気分体験」を用意しました。かんじきを履いて雪中を歩くというものです。

※今のところ、ご覧の通り、雪が全然ないですが・・・年が明けた頃にはかなりの雪が降っていると思います。

冬の蔵王をゆったりと周ってみませんか?

旅市に関しての詳細・お申込み ⇒ こちらをクリック!