樹氷の家めぐり

樹氷の家めぐり

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 

蔵王の冬の風物詩、樹氷

 

その樹氷、「樹氷の家」という状態になることがあります。

 

アオモリトドマツの木に雪が降り積もっていく中で樹氷が形成されるわけですが、重さで下に枝が垂れ下がり、その上にさらに雪が降ると枝が骨格のような役割を果たし、幹回りに空間ができます。

 

その中は大人約10人は入れてしまうほどの広さを誇り、登山時の休憩所や荒天時の避難所などとされることもあります。

 

この樹氷の家を見に行くミニツアーがすみかわスノーパークで行われています。

 

標高1,400mの樹氷の家がある地点まで雪上車で向かい、樹氷の家などを散策します。

 

夕方(夜と言ってもいいかもしれませんが)、ライトアップされた樹氷の家は日中に見る樹氷ともまた違いますよ。

 

天然のかまくらとも言うべき、樹氷の家を間近で見てみませんか?

 

基本情報

「樹氷の家」めぐり
開催期間/~3月下旬
時間/17:30~18:30(雪上車乗車時間約35分、散策約20分)
出発場所/すみかわスノーパーク
料金/2,500円(ガイドおよびホットドリンク付き)
催行/2名様以上
申込先/すみかわスノーパーク TEL:0224-87-2610
※1か月前より予約可能(提携ホテル・旅館宿泊の方は、それよりも前からの予約も可能)