寒晒しそばを引き上げました

寒晒しそばの引き上げ風景

 

 

 

 

 

 

 

寒い中で干したり、置いたりしておくと食べものがおいしくなるというケースが多々あります。

 

蔵王町や白石市にあるおそば屋さんの中には、寒い時期をそばの実を水に漬け込むことであくが取れて少し甘みが増していると言われる寒晒しそばを提供するお店があります。

 

標高800m付近にある白石スキー場近くの垂清川に2週間ほど漬けられていたそばの実が4日の日に引き上げられました(画像はその模様)。

 

ある店主にお伺いすれば、「今年は寒さが厳しかった分、かなり甘みが増しているのではないか」とのこと。

 

現在は蔵王おろしとも言われる、山風に当てながら乾燥作業の段階に入っています。

 

概ね3月に入ってから各店舗で提供され、4月末くらいまで楽しめそうだ、とのことですので、味わってみてはいかがでしょうか。